派遣の実話裏話

派遣の会社見学で不採用になる人の共通点3つ。

Reina
会社見学まで進めたのに不採用になってしまいます><

派遣でお仕事を獲得するまでには、大きく2つの関門があります。

ひとつめは派遣会社の社内選考。こちらは超理不尽なので、「落とされても一切気にする必要はない」と断言しておきます。

二つめは就業先に足を運んで、直属の上司になる方と談笑する会社見学です。

会社見学で落ちる人いるの??って思う方も多いと思うのですが、割と落ちるんですよ。

私なりに原因を分析してみたので、会社見学で連敗中の方はぜひ参考になさってください。

会社見学で不採用になる原因3選

自信なさげな受け答えをした

これは過去に私も一度やらかしたことがあるミスです。

派遣社員の仕事は基本的に簡単な仕事ばかりです。

会社見学で業務内容を聞いたとき、自分にできるか不安に思ったとしても「できます、大丈夫です!」って笑顔で言っておけばいいんですよね。

自社で手塩にかけて育てる正社員と違って、派遣は外部から調達してきた即戦力人材という位置付けです。

それなのに、面接でバカ正直に「経験がないので、できるか不安です」と言われると向こうも不安になって採用をためらってしまいますよね。

わからない仕事があったとしても、入社後にしれっと聞けば絶対教えてもらえますし、どうしても合格したいなら多少のハッタリは必要だと思います。

だからと言って英語が全く喋れないのに、「ネイティブレベルの英語力です!」とかはやめた方がいいですが..(笑)

社会人としての基本的なマナーが欠落していた

目を見て話さない、敬語が使えない、挨拶ができない、会話が噛み合わないなどの問題があると不合格になる確率は上がるようです。

派遣事務は業務において特別な資格やスキルは求められないので、職場の人たちとスムーズに働けるなら基本は合格だと思うんですよね。

つまり面接官に良い印象を与えて「一緒に働いてみたいな、働けそうだな」と思わせたら勝ちです。

強いては、補佐的なポジションですので細やかな気配りができるか、周囲の和を乱さずに働けるかといった人間性は割と重視されると感じます。

面接中は社会人として当たり前のマナーを守り、できるだけ笑顔を絶やさないようにしましょう。

受け答えも明るくハキハキとした口調を意識してみてください。

そんな単純なことで本当に合格するの?と思うかもしれませんが、「派遣社員」に求められるのはその程度のことなんですよね。

ハズレ面接官に当たった (人を見る目がない面接官だった)

他人に責任転嫁するな!と言われそうですが、これ絶対あると思います。特に昔ながらの中小企業。

派遣の面接ごときにエリート人事は出てきません。

会社見学の合否の決定権は、ほとんどの場合配属される現場の上司が握っています。

そして人事でもない以上、人を見る目があるかどうかは個々人のスキルに依存します

以前参加したセミナーで、これまでに面接官の経験がある人が「どんな採用基準で人を選んだか」という議題がありました。

その場にいた人たちは、現場の人として採用面接に呼ばれたおじさんおばさんがほとんどでした。

彼ら彼女らの口からでた採用基準は今でも忘れません。

50代女性「私はオシャレが好きなので、服のセンスがいい人を選びました」

60代男性「お客さんが突然怒ったらどうする?と質問して、すぐに謝ると答えたやつは落とす」

40代女性「ブランド名に釣られてきたような人は嫌です」

見た目がダサいやつは仕事できないのか?

面接官の仕事哲学に反するやつは仕事できないのか?

ミーハーなやつは仕事できないのか?

全然関係ないですよね。当時私まだ23才でしたが、聞いてて呆れた呆れた。

そんなことで落とされたらたまったもんじゃないと思うでしょうが、きちんと教育されていない面接官の現実なんてこんなもんです。

ベストを尽くしても落とされたのなら、本当に気にすることないです。

まとめ

会社見学に合格するためには、とにかく面接官の心象をよくすることです。

スキルが伴ってなくても入社後に頑張って吸収すれば大丈夫なので、

本当にこの会社で働きたいと思っているならとにかく目の前の会社見学を突破することだけ考えましょう。

会社見学で不合格が続くようであれば、派遣会社の方に不合格の理由を聞いてみても良いと思います。

私も派遣会社の方に不合格理由を聞いた結果「自信がなさそうだったので不安に感じたらしい」という貴重な情報をゲットしました。

自分のダメなところを知って改善を重ねれば絶対に合格できるので、気持ちを強く持って頑張ってください。

おすすめの派遣会社はどこ?

最後に、実際に使ってみて便利だと感じた派遣会社をランキング形式でご紹介しますね。

派遣会社によって求人の取り扱いが異なるため、最低でも2社以上で派遣スタッフ登録するのがおすすめです。

パーソルテンプスタッフ

「また働きたい派遣会社No.1」を獲得(月刊人材ビジネス 第26回派遣スタッフ満足度調査) 残業なし求人はもちろん、正社員では難しい大手企業で働けちゃうのも魅力です。女性のライフスタイルの変化に寄り添い、自由な働き方を提案してくれる親切な派遣会社だと感じます。管理人もこちらにお世話になっていますよ!

マイナビスタッフ

札幌・東京・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・福岡を広くカバーする派遣会社です。事務系・クリエイティブ系に強く、特に学校事務求人は豊富に揃っています。学校事務はお仕事も簡単で、学生達の活気を身近に感じられて楽しいので人気の職種です。初めての派遣には特におすすめですよ!

マンパワー

紹介予定派遣(派遣から直接雇用に切り替えることを前提とした求人)に強く、キャリアを形成したい気持ちがある方におすすめです。マンパワー自体が外資系企業のため、英語を使うお仕事や、大手外資企業の求人も多数掲載されています。派遣社員にも映画やグルメ、エステ、ホテル等が優待価格になる福利厚生を提供している点もポイント高いです。

初めて派遣にチャレンジしようと考えている方も、今の派遣会社に不満がある方もぜひ参考になさってください!

人によって派遣会社に求める事も違うので一概には言えませんが、管理人的にはパーソルテンプスタッフが圧勝です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-派遣の実話裏話
-

Copyright© アラサー派遣転職.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.