派遣の実話裏話

コロナ休業|派遣社員の休業手当計算法 → 給与明細を元に解説します

こんな方におすすめ

  • コロナで休業を要請された派遣社員の方
  • 休業手当の計算方法を知りたい方

派遣社員の休業手当支給額が予想と違ってた

以前、別の記事で派遣社員の休業手当の金額を計算してみました。

こちらもCHECK

【派遣社員】6割もらえない?!コロナ休業手当の計算方法

続きを見る

しかし、支給された給与明細をチェックしたところ金額が計算と全く異なっていたため、ここに訂正をかねて実際の休業手当の額を乗せておきます。

派遣会社によって計算方法が違うかもしれません

休業手当の計算式

単純に時給×0.6でよかった

実際の給与明細

休業手当 単価 1,080円

通常勤務 単価 1,800円

派遣は単純に時給×0.6した額が休業手当の時給となるようです。

色々面倒な計算をして実際の支給額を給与の4割程度まで落とす国のルールより遥かに優しい。

めちゃくちゃありがたいですね。

1,800×0.6=1,080

1,080×契約労働時間が休業手当の支給額となります。

説明も何も必要ないと思いますので今回は以上で終わりにいたします。

おすすめの派遣会社はどこ?

最後に、実際に使ってみて便利だと感じた派遣会社をランキング形式でご紹介しますね。

派遣会社によって求人の取り扱いが異なるため、最低でも2社以上で派遣スタッフ登録するのがおすすめです。

初めて派遣にチャレンジしようと考えている方も、今の派遣会社に不満がある方もぜひ参考になさってください!

人によって派遣会社に求める事も違うので一概には言えませんが、管理人的にはパーソルテンプスタッフが圧勝です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

-派遣の実話裏話