習う

RYT200|UNDER THE LIGHT VS Firstship おすすめはどっち?卒業生がヨガインストラクター養成スクールを徹底比較

※記事の内容には一部PRがございます

Reina
Firstshipの卒業生がアンダーザライトのRYT200説明会に潜入してきたよ!

あなたはRYT200を取得したいと思いスクールを探しているのですね^^

RYT200とは?

RYT200は全米ヨガアライアンスが発行する国際的なヨガ指導者資格です。未経験からヨガインストラクターに転職したい人にとっては、ほぼ必須の資格となっています。

前置きとして、私はすでにRYT200取得済みのFirstship卒業生です。

しかし、先日UNDER THE LIGHT YOGA SCHOOL(以下UTL)のRYT200養成講座説明会にお邪魔してきました!

FirstshipとUTLといえば、首都圏のヨガインストラクター養成スクールにおける2大巨頭です。

養成スクール界の早稲田と慶応みたいなイメージ!
Reina

どちらも知名度や卒業生の輩出数はもちろん、指導力の面でも優れた2つのスクール。

本記事では両スクールの違いや、それぞれのスクールを選ぶメリデメをプロ目線でまとめていきます。

養成スクール選びに迷っている全ての方のお役に立てる内容です。ぜひ最後まで目を通してみてくださいね。

こんな方におすすめ

  • RYT200を取得できるスクールを探している方
  • 取得費用より指導力や知識がしっかり身に付くことを重視する方
  • 就職サポートのあるスクールを探している方

UNDER THE LIGHT YOGA SCHOOL / RYT200取得カリキュラム

▼アンダーザライト公式HP

スクール情報

アンダーザライトヨガスクール(以下UTL)は日本で最も歴史あるRYT資格を取得できるスクールです。

東京代々木で、常時月間300クラスの常温ヨガレッスンを提供しているマンモススタジオであり、TT(ティーチャートレーニング)の卒業生は述べ1万人超え

一流講師陣が揃っていて、RYT200の上級資格であるRYT500の養成も行う実力派スクールです。

カリキュラム

UTLのカリキュラム一覧

講義パート

・TTレベル1

・TTレベル2

・TTレベル3

・AKIC(解剖学)講師:中村尚人先生

・ATIC(アジャストメント)講師:Kranti先生

・AMIC(アーサナマスタークラス)講師:Kranti先生

計213時間

自習パート

・一般クラス参加 34回

・クラス開催 3回

・その他 各講義ごとに宿題あり

Firstship / RYT200取得カリキュラム

▼ファーストシップ公式HP

スクール情報

FirstshipはホットヨガスタジオLAVAの系列スクールで、LAVAで蓄積された教育ノウハウを使ったインストラクター養成事業を展開しています。

卒業生はLAVAのオーディションで書類選考免除の特典を受けられるため、LAVAへの就職率が非常に高いです。

カリキュラム

Firstshipのカリキュラム一覧

講義パート

・アーサナ基礎

・アーサナ発展

・ティーチング

・ヨガ哲学

・解剖学

・瞑想・呼吸法

・ロルフィング(ボディーワーク)

・アーユルヴェーダ

合計時間 200時間以上(詳細不明)

自習パート

・一般レッスン参加 15-20本(通学期間によって異なる)

・ワークショップ参加3回

・レポート提出 24本

2つのヨガインストラクター養成スクールを徹底比較!

ここからはFirstshipとUTLの2つのスクールを様々な観点から比較していきます。

比較するポイントは以下の通りです。

  • カリキュラムについて
  • 講師について
  • 費用について

それでは、さっそくみていきましょう!

カリキュラムについて

スクール選びの際、カリキュラムで重視すべきポイントは3つあります。

  • アーサナ(ポーズ力)
  • 座学(ヨガの知識)
  • ティーチング(指導力)

両スクールともに共通して、「ヨガを教えるためにはまず自分のヨガを見直しましょう」という考えの元にカリキュラムが組まれています。

その①:アーサナ(ポーズ力)について

対象カリキュラム名

UTL:TTレベル1 & TTレベル2
Firstship:アーサナ基礎 & アーサナ発展

ヨガといえばアーサナですよね!

このカリキュラムは、自分のためにヨガを学ぶ時間です。

ここは両スクールとも、大きな差がみられませんでした。

アーサナについて、ポーズ名の由来や効果、禁忌、筋肉、ポーズにまつわるヨガ哲学などしっかり掘り下げて学んでいきます。

正しいアライメントを学んだ後に実践してみると「このポーズこんなキツかったっけ?」みたいな声がクラス中に飛び交って、和気あいあいと楽しい時間でした!

UTLでは講座ごとの単発受講制度があります。

自分のために基礎だけ学びたい方や、親しい人にヨガを伝えたいだけという方でも受け入れてもらえますよ!

その②:座学(ヨガの知識)について

アーサナが上手なだけで、ヨガの指導者にはなれません。

「ヨガって何ですか?」と生徒さんに聞かれたらなんと答えますか?

なんとなく気分がよくなるもの。なぜか体の調子がよくなるもの。

生徒さんはそんな曖昧な答えを返されても困りますよね。

ヨガを伝えたいと思う人はみな、ヨガの素晴らしさを身体で十分に理解してきた方だと思います。

しかし、なぜヨガは素晴らしいのかを論理的にお話しするためには、あなたの中に確固たるヨガの知識が必要です。

FirstshipもUTLもその点をよく理解しており、座学の講義がしっかりカリキュラムに含まれています。

しかし学ぶ内容には若干違いが見られたので、両スクールの座学についてしっかりご紹介しますね。

Firstshipの座学内容


・ヨガ哲学
・解剖学
・瞑想・呼吸法
・ボディーワーク
・アーユルヴェーダ

UTLの座学内容


・解剖学
・アジャストメント
・アーサナマスタークラス

比較してみるとFirstshipの方が座学が充実しているように見えます。

しかし、UTLでもヨガ哲学やアーユルヴェーダは学べます。どこに含まれるかというとアーサナの基礎を学ぶTT1やTT2です。

アーサナと関連付けてヨガの様々な知識も一緒に学ぶカリキュラムだそう。

Reina

どちらのスクールを選んでも最低限の座学知識は身に付くので安心してくださいね!

ヨガインストラクター目線で比較

Firstshipでヨガに関する広い知識を得るとレッスンの幅が広がりますし、またあなた自身の興味の対象を理解するきっかけにもなります。


例えばご自身がアーユルヴェーダが好きだなと思ったなら「生徒さんのアーユルヴェーダの体質に合わせてクラス構成する」といったことができるようになり、競争の激しいインストラクター界において差別化要因を生み出すことができます。

対するUTLはレッスン時の指導力強化を重視しているように感じます。
生徒さんが「いつもよりしっかり体を使えた!」と感じるクラスを提供できればリピート率も上がるでしょう。

どちらが良い悪いではなく、自分自身がどうありたいかだと思いますが、アーサナに重点を置くならUTL、ヨガをトータルに学んでみたいならFirstshipがおすすめです!

その③:ティーチング(指導力)について

これまでに学んだアーサナの基礎やヨガの知識を生かして、「人にヨガを伝える」という技術を学ぶのがティーチングの時間です。

対象カリキュラム名

UTL:TTレベル3
Firstship:ティーチング

RYT200養成講座の集大成として、両スクールともに模擬レッスンを行います。

模擬レッスンと聞くと身構えてしまいますが、仲間のレッスンが終わったあとはみんなで泣いて喜び称え合い、毎回感動の涙に溢れる温かい時間でしたよ(笑)

シークエンスの組み方、インストラクションの考え方、人に伝わる声の大きさ・高さ・抑揚の付け方など、プロとして活躍するために必要な技術は全てここで学びます。




スケジュール:一日4時間×週2日(土日/水木の選択制)×2ヶ月

模擬レッスン:2人ペアで60分(一人あたり30分)

スケジュール①:一日7時間×週1(日曜日)×2.5ヶ月
スケジュール②:8日間の合宿

模擬レッスン:1人で5分


上述の通り、両スクールのスケジュールを比較してみると大きな違いがありました。

学校選びの際に、意外と重要なのが『本当に卒業できるのか?』という視点です。

RYT200の受講生は仕事のかたわら資格取得に励む人が多く、Firstshipを選ぶと「週5で仕事、土日はヨガ」と一週間休みなく活動する生活が2ヶ月続きます。

過ぎてみればいい思い出ですが、ひと月過ぎたあたりから皆お顔がやつれてきます(笑)

スケジュールの余裕は心の余裕ですので、2ヶ月ヨガ漬けになる覚悟があるならFirstship、自信がなければUTLがよいと思います。

講師について




表舞台に出てくる先生はそれほど多くない印象です。

Firstshipで有名なのはMakoto先生ですが、RYT200のカリキュラムでMakoto先生の指導を受ける機会はありません。

しかし物足りなさを感じるかというと全くそんなことはなく、講義の質はとても高いです

UTLは講師陣の層が厚く、精鋭揃い。

ヨガ業界では名の知れ渡った先生が多いです。

ヨガ哲学→向田みお先生

解剖学→中村尚人先生

アーサナ→クランティ先生

他にもまだまだ実力ある先生がいます。


UTLの講師陣は遥か先にいるすごい存在、FIrstshipの先生方は同じ道の先を歩いている憧れの先輩という感じでしょうか。

Firstshipの先生たちのヨガに向き合う姿勢、仕事に向き合う背中から学ぶはとても多く、今の自分の礎にもなっています。

知名度もひとつのものさしではありますが、それが全てではありません。

大切なのは「相性」だと思うので、実際にスクールに足を運んで先生方のクラスを受けてみるといいですよ。

費用について




[単発受講総額]

60万円程度

[一括申し込み]

50万円弱

[一括申し込み]

40〜60万円程度

時期と通学期間により変動します。


Firstshipは基本的に一括申し込み制ですので、覚悟を決めて申し込む必要がありますがその分お値打ち価格です。

UTLは単発受講が基本です。まずはTT1(40時間,12万8千円)だけ受講して、もっと学びたいと思えたタイミングでTT2, TT3と追加受講する方が多いようです。

総額で60万円ほどになりますが、一括申し込みを選べば約50万円に費用を抑えられます。

どちらのスクールも時期により割引が出ていることがあるので、詳細料金は説明会へ参加して確認してください。

UTLのオンライン説明会(レッスン招待券付き)に申し込む

Firstshipの資料請求・カウンセリングを予約する

その他比較事項

在籍期間について

UTLは在籍期限がなく、絶対卒業保証制度を導入しています。

二度の出産を経て、7年越しで資格を取得された方もいるそう。

Firstshipは最長で1年半という在籍期限があり、それまでに卒業できなければ追加費用が発生します。

私のFirstshipの同期には「在籍期限が迫っていて、もう卒業できないと思っていた..」と語った子もいます。(無事卒業しました!)

Firstshipに通う方は20代後半〜30代くらいの女性が多く、結婚や子育ての時期と重なると一年半という時間はちょっと短いのかもしれません。

スクール選びの際はカリキュラムや講師ばかり気にしてしまいますが、ライフプランとの兼ね合いもとても大切なポイントです。

就職サポートについて




チャリティークラス開催サポート、就職斡旋

UTLはスタジオのレッスンスケジュールにチャリティークラスという枠を持っています。

TTを卒業したばかりで指導実績のない先生が経験を積めるようにと、スクール側が場所の提供と生徒集めまでしてくれるのは本当に有難いと思います。

さらに、チャリティークラスを担当された先生にはレッスンフィーも出るそうです。

他には卒業生が作ったスタジオからの求人が多数あったり、オーディション情報を冊子にして発行してくれたり、丁寧かつ継続的なサポート体制が整っていると感じます。

LAVA書類選考免除、カウンセリング(約20分/在籍中に1回のみ)

FirstshipはLAVAの系列というだけあり、LAVAの書類選考免除という特典が付いてきます。

ただし、LAVAへの就職保証ではありません。

Firstship卒業後の就職保証に関しては、自分からお願いすれば先生方も快くアドバイスをくれるとは思います。

しかし卒業後は自力でお仕事を取りにいく覚悟が必要ですが、周りの様子を見る限り就職率は悪くないと思います。

LAVAへの就職率は本当に強いので、ホットヨガでも大丈夫という方にはFirstshipをおすすめします。


スクールの雰囲気




UTLに実際通ったことがないので、詳しい雰囲気はわかりません。

あくまでイメージですが、UTLの卒業生はかなり落ち着いていて年齢層もFirstshipより高めな印象です。

キャピキャピした感じが苦手な方はUTLが良いかもしれませんね。

Firstshipは元々LAVAに通ってた方が多いせいか、

メインの年齢層は20代後半〜30代で、若々しくキラキラした気のいい方が多いです。

しかし私が在学中には、定年退職後のおじさんも、まだ学生の若い男の子も、海外出身の方にも出会いました。

年齢・性別・国籍関係なく、本当に誰でもwelcomeで温かく受け入れてもらえる雰囲気です。


UTLのオンライン説明会(レッスン招待券付き)に申し込む

Firstshipの資料請求・カウンセリングを予約する

大手以外のスクールを選ぶメリット・デメリット

今回はアンダーザライトヨガスタジオとファーストシップというスクール最大手の二校を比較してみましたが、RYTを取得できるスクールは他にも沢山あります。

まず、短期間(二週間集中型など)でRYTが取得できるスクールは避けた方が無難です。

短期コースでの取得を避けるべき理由としては次の通りです。

・体力的にしんどい

・学習内容が薄い

・オーディションなどで自信が持てない

200時間の学びは膨大です。合宿でRYTを取得した人は当時を振り返って、全員満身創痍の状態だった言っていました。

スケジュールに余裕がなくても、最低1ヶ月以上のコースを取ることをおすすめします。

学んだことを自分の知識に落とし込むためには復習する時間も必要ですが、短期コースでは復習する暇もなく次から次へと新しい知識を詰め込みます。

全て自分のものにするのは難しいはず。

また、海外で受講する場合は[英語→日本語]の通訳が入りますので、通訳にかかる時間分だけ講義時間も減り、内容も薄れます。

RYT200の肩書きが欲しいだけなら短期のスクールでもいいと思いますが、インストラクターとしての指導力を身につけることが目的なのだとしたらカリキュラムの充実度でスクールを選ぶべきです。

▼詳しくはこちらの記事へ

「RYT200」の疑問あれこれに現役ヨガインストラクターが回答します

目次はじめにRYT200とは何かRYT200とは何か資格取得方法に関する疑問資格取得にはスクール卒業が必須?スクールにかかる費用は?スクール選びのポイントは?ヨガインストラクターは資格がなくてもできる ...

続きを見る

まずは気軽にオンライン説明会へ参加しよう

両スクールとも、説明会で入学を強要されることは一切ありませんし、説明会から申し込み締日までの間にはしっかり時間があります。

どちらのスクールもただただ親身に相談に乗ってくださいますので、気軽に説明会に参加してみてください。

UTLの説明会では模擬授業があり、実際に入学した際にどんな講座を受けることになるかちょっとだけ体験できます。

またお土産に無料レッスン招待券がもらえました!

UTLのオンライン説明会(レッスン招待券付き)に申し込む

Firstshipでも1対1のカウンセリングを行なっています。
ヨガの資格取得が目的なのか、自分のために学びたいのかという所から、一つ一つの講座がどう言ったものかまで親身に相談に乗ってくれました。

私が受けた時はカウンセリング担当の方がFirstshipの卒業生の方で、ヨガトークで盛り上がってただただ楽しい時間でした!
模擬授業はありませんが、タイミングによっては実際の授業風景を生で見学させてもらえたりもします。

Firstshipのオンラインカウンセリングに申し込む

RYT200の取得は大変なこともありますが、ヨガをさらに好きになるし、素敵な仲間と出会い、人としてもひとまわり成長できる素敵な経験です。

自分の直感を信じて、勇気を出して初めの一歩を踏み出してください。

今回ご紹介した2つのスクールはどちらも、私が自信を持っておすすめいたします!

-習う
-,

© 2020 アラサー派遣転職.com Powered by AFFINGER5